スキーで快適な宿泊を

ウィンタースポーツの花形といえばスキーというのは昔から変わらない事実ですが、冬しかできないスポーツだけに、機会があればとことんまで楽しみたいのはあらゆるスキーヤーにとって共通した感情といえるでしょう。

一般には旅行代理店などで発売しているパッケージツアーに申し込み、旅行代理店に移動や宿泊などのいっさいの手続きを委ねてしまうのが効率的な方法です。その場合ですが、現在ではパッケージツアーとはいってもすべての申込者が同じ団体行動をするのではなく、いくらか本人の希望にしたがって宿泊場所やその他のオプションのサービスなどを選択できるようになっているため、積極的にこのような方法を活用しておくのがよいでしょう。

スキーツアーにおける宿泊先はいろいろですが、ナイターなどで時間を有効活用するのを想定しているのであれば、ゲレンデからもっとも近いリゾートホテルなど、逆に温泉などの別の楽しみも満喫したいのであれば、地元の老舗旅館などを選ぶ方法があります。また自宅のように気軽にくつろげる環境が欲しい場合には、ペンションやロッジの名前を冠したところを選択するのもひとつの方法です。

大手の企業が運営しているリゾートホテルなどと比較すると、ペンションに代表される小規模なスキーの宿泊施設はサービスの水準の面では不十分なところがあるのは否定できませんが、その分だけ地元の食材を使ったおいしい料理を楽しめたり、オーナーと親しく語り合ったりと、友人の自宅を訪れたときのようなアットホームな時間を過ごせます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *