温泉込みでゴルフを楽しむ

温泉は多くの日本人にとって、親しみを込めて愛されています。

温泉旅行という言葉があるほどポピュラーで、お湯につかるために旅行に行くという熱の入れようです。各所に名泉と言われる湯があり、地元の人を始めとした多くの観光客などでも賑わいを見せています。ゴルフもたくさんの日本人に愛される代表的なレジャーです。休日ともなると朝早くから出かけ、1日をかけて18ホールを楽しむゴルファーが大勢います。この二つを同時に楽しむスタイルが近年特に注目を集めています。

ラウンドをすることが第一の目的ではありますが、その近くで良い温泉をあらかじめ予約しておいて、疲れた体を癒しに行くプランは人気が高いです。18ホールを回った後、入るお風呂は格別です。半日歩いて疲労の蓄積した体をじんわりと癒してくれます。仲間と一緒に大きな浴槽につかりながらその日のプレイを振り返ったり、その後の宴会の話をするのも楽しいです。ゴルフ場に温泉が併設してあるところもありますが、近場で良いところを見つけておけば楽しみは増えます。

このスポーツを知らない人・やったことがない人にとっては、結びつきがいまいちぴんとこないかもしれません。しかし、多くのゴルファーにとって、その後のお風呂はセットです。運動した後汗を流すと気持ちが良いものですが、18ホールはかなり長丁場になるため、その快感は格別です。元気が戻ってくるような感覚すらあります。温泉の効能がそこに加われば、さらに心地よさを増幅させることが可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *