大阪から小豆島へ行くには

小豆島は瀬戸内海の播磨灘にある島で、読み方はあずきじまではなくしょうどしまです。

潮の干満により道が現れたり海に消え値なのでたりするエンジェルロードがあり、エンジェルロードの真ん中で手をつないだカップルは結ばれると言われており、恋人の聖地として大勢のカップルが訪れます。紅葉が美しい寒霞渓は日本書紀にも記述があり、大正12年にすでに国の名勝に指定された大渓谷です。

他にも小豆島には約500匹の野生のニホンザルが生息し香川のみどり百選に選定されている銚子渓や、年間数万人もの巡礼者が訪れる小豆島八十八箇所など多くの観光名所があります。大阪から小豆島に観光に行きたい時は、旅行会社などのツアーに参加すると便利です。

大阪からは高松まで専用高速バスで行き、高松港から直通フェリーで行くルートが一般的で、大阪から姫路まで電車で行き姫路港から直通フェリーで行くルートと、大阪から三宮まで電車で行き神戸港から直通フェリーで行くルートがコストと時短に優れたプランになります。フェリーにはマイカーが乗せられるため、マイカープランも好評です。

観光地なので島の宿泊施設が設備が整っており、天然温泉露天風呂や展望浴場のある施設が多く、美しい星空の下でゆったりした癒しの時間を楽しめます。日本一の生産量を誇る小豆島のオリーブを使った郷土料理やオリーブ牛バーガー、オリーブオイルを使った惣菜やオリーブアイスなど、珍しいメニューが人気です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *