小豆島へ行くフェリーは港に注意

小豆島は瀬戸内海にある島の1つで、香川県に属する島では最大の規模です。

この島はオリーブの生産やくじゃくなどで有名ですが、同時に過去に映画の舞台にもなったことで知られています。小豆島の面積は153平方キロメートル、海岸線の長さは126kmということで、島を1周をするには車を使用してもかなりの時間がかかります。その小豆島へ行くには本土と橋がかかっていないこと、空港がないのでフェリーを使用しないと到達できません。

フェリーは高松と岡山を中心に、姫路や神戸など地域外からの定期便も発着しています。しかしここで最も注意しないとならない点は、行き先や運航会社次第で発着する港が異なります。小豆島内に存在する港は、土庄、池田、草壁、坂手、福田、大部の6つです。6つあるなかの最大の港は土庄で、島の西側に存在しています。土庄港からは地理的位置の関係で、港よりも西側にある高松や新岡山や宇野の各港へのアクセスで使用されます。

島の南側に位置してるのは西から順に池田、草壁、坂手の各港です。島の東側が福田港、北側が大部港です。池田、草壁からも高松へのフェリーがありますが、運航会社がそれぞれ違います。坂手港は神戸港へ、福田港は姫路港へ、大部港は岡山県と兵庫県のほぼ県境に近い日生港へそれぞれアクセスしています。なお6つの港からは定期路線バスがそれぞれ運行中です。

なのでマイカーがなくても島内のアクセスに窮することはありません。路線バスは基本的に土庄港がターミナルで、池田港へは約20分、草壁港は約30分、坂手港は約50分です。しかし大部と福田港は小豆島中央病院からの路線バスに乗車しなければならず、病院から大部港は約40分、福田港は約60分です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *