フェリーで小豆島へ行こう

小豆島に行ったことはありますか。

小さな島というのは独特の雰囲気があり、普段の生活では味わえない穏やかな時間を堪能する事ができます。その緩やかな時間の中でも名物を食したり美しい光景を眺めたりして充実した気持ちを味わえるでしょう。往復はフェリーに乗ることになりますが、これも非日常感を得られる貴重な体験となります。

大きなフェリーですので船酔いのような心配もいらず、海の上を気持ちいい風を浴びながら移動時間も楽しめるのです。旅行だと電車やバスでの移動が多くなりますので、フェリーという交通手段が入ると新鮮でそれ自体が楽しいイベントになるはずです。

小豆島の名物は、オリーブと素麺が有名です。フレッシュなオリーブや美味しいオリーブオイル、オリーブオイルを使ったソフトクリームはラムレーズンに似た独特の味わいがあり美味しいので、是非食べてみてください。素麺は専門店がいくつもありますので、お昼ご飯に食べてみてはいかがでしょうか。そして小豆島は、八日目の蝉という角田光代さんの著書でえる小説の舞台にもなっています。

映画にもなっていますのでご存知の方も多いのではないでしょうか。その小説を思い浮かべながら、舞台となった場所を巡って楽しんでみるのも良いでしょう。レンタサイクルなどで自転車を借りサイクリングで回ることで、緑や海などの島らしい大自然を満喫することもできるのです。風を浴び肌で自然を感じながら巡るのは、気持ち良いものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *